トレードステーション サードパーティデータについて

TradeStation データネットワークから取得したデータの使用のほかに、コンピューターまたはローカルエリアネットワーク上に格納されている ASCII または MetaStock (9.x 以上) のサードパーティデータファイルをチャート分析またはレーダースクリーンウインドウに描画することができます。例えば、この機能を使用して、別のアプリケーション (Excel など) で生成された、または現在 TradeStation データネットワークでサポートされていないマーケット用に取得された独自のデータを描画することができます。

次の 2 つのタイプのサードパーティデータファイルをサポートしています。
•ASCII データ – さまざまな区切り文字、データフィールドの数字や順序を指定する機能など、さまざまなユーザー設定オプションをサポートする区切られたテキストファイル。データの各行はティックまたはバーインターバルを表し、ユーザー定義可能な価格データとともに日時スタンプが含まれます。詳細なガイドラインおよび仕様については、「ASCII サードパーティデータガイドライン」を参照してください。
•メタストックデータ (日足のみ) – ユーザー定義可能ではない特定の書式で、日足、週足、月足、ポイント & フィギュア足を描画することができます。メタストックデータのバージョンは 9.x 以上である必要があります。

サードパーティデータファイルから初めて描画する場合、データ書式、銘柄の説明、セッションの確認を求められる場合があります。これらの設定は、次にサードパーティ銘柄を入力または選択したときに、情報が自動的に取得されるように銘柄属性ファイルに保存されます。
•銘柄属性 (attribute.ini) ファイル – 銘柄属性ファイルと同じディレクトリー内にあるサードパーティデータファイルのデフォルト、銘柄固有、ルート固有の銘柄属性を格納するテキストファイル。このファイルの書式および編集の詳細については、「銘柄属性ファイルガイドライン」を参照してください。

サードパーティデータファイルから初めて描画するとき、ヘッダー行が指定されていない場合は、カラムフィールドの並び順の確認を求められる場合があります。カラムフィールドの並び順の情報は、次にサードパーティ銘柄を選択した時に自動的に取得できるように別のデータ順序パラメーターファイルに格納されます。
•データ順序パラメーター (.dop) ファイル – 特定のデータファイルまたは同じディレクトリー内にあるすべてのデータファイルのフィールド順序を定義する単一ヘッダー行を含む区切られたテキストファイル。このファイルの書式および編集の詳細については、「データ順序パラメーターファイルガイドライン」を参照してください。

サードパーティデータが TradeStation のデータネットワークでサポートされていない取引所と関連付けられている場合は、この情報を作成し、専用の取引所ファイルとして維持できます。
•カスタム取引所 (custexch.txt) ファイル – カスタム取引所名と適切なタイムゾーンに対応する数字が含まれるテキストファイル。詳細については、「カスタム取引所 – サードーパーティデータ」を参照してください。

 

コメント

searchenvelopeheartstaruserclosesearch-plushomeclockupdateeditshare-squarechevron-leftchevron-rightleafexclamation-trianglecalendarcommentthumb-tacklinknaviconasideangle-double-upangle-double-downangle-upangle-downstar-halfstatusimagegallerymusicvideocategorytagchatquotegoogleplusfacebookinstagramtwitterrss