トレードステーション ファンダメンタルデータについて

ファンダメンタルデータには、ファンダメンタル分析に使用できる企業の収益、財務諸表など、米国株に関する財務情報があります。

TradeStation では、ファンダメンタルデータを分析テクニックによって参照し、ストラテジー内で使用できます。 複数の組込みインディケーター、および EasyLanguage 予約語、関数があり、ファンダメンタルデータにアクセスし、トレーディングに採用するツールになります。

 

組込みファンダメンタル分析インディケーター

TradeStation には、ファンダメンタルデータを利用する数多くの分析テクニックがあり、ファンダメンタルデータ分析テクニックライブラリ というトピックに記載されています。

•組込みファンダメンタルインディケーターをレーダースクリーンやチャート分析ウインドウに追加するには、[追加 – インディケーター] メニューシーケンスを使い、インディケーターのリストから名前を選択します。

•レーダースクリーンでは、[追加 – 分析グループ] メニューシーケンスまたは [分析グループを追加] ツールバーのドロップダウンを使い、事前定義されたグループ (Dividends、EPS & PE、Financials など) から複数のファンダメンタルインディケーターを、レーダースクリーンに一度に適用できます。

 

カスタムプロットおよびファンダメンタルデータ

所定のファンダメンタルデータを参照する組込みインディケーターを使用するほかに、グリッドベースのレーダースクリーンウインドウやチャート分析ウインドウで、多数のファンダメンタルデータフィールドを、ライブラリから、予約語やフィールド入力値とともに、組込み ‘カスタム’ インディケーターの 1 つを使ってプロットできます。 これにより実質的にすべてのファンダメンタル値を (一度に 4 つまで) 簡単かつフレキシブルにプロットできます。

 

コメント

searchenvelopeheartstaruserclosesearch-plushomeclockupdateeditshare-squarechevron-leftchevron-rightleafexclamation-trianglecalendarcommentthumb-tacklinknaviconasideangle-double-upangle-double-downangle-upangle-downstar-halfstatusimagegallerymusicvideocategorytagchatquotegoogleplusfacebookinstagramtwitterrss