マルチ:デュオⅢmode1

マルチ:デュオⅢmode1

マルチ:デュオⅢmode1

 

 

指標システム
登録前
システム
登録後
全期間
平均年利253.0%146.4%206.2%
検証年月2年8ヶ月2年1ヶ月4年9ヶ月
勝率(月単位)100.0%92.0%96.5%
売買数1965回1364回3329回
プロフィットファクター2.672.032.40
最大ドローダウン額39万円74万円74万円
トレード平均期間1.6日1.8日1.7日
勝率(トレード別単位)66.1%62.5%64.6%
ペイオフレシオ1.371.221.31
期待値11644円 / 0.3%7583円 / 0.2%9978円 / 0.3%

 

設計思想

・相場の主な局面、上昇、下降にそれぞれ機能することを目的にしました。

・「シータ:1」は主として上昇局面を、「「ディオーネⅢ:BBプリュmode3」」は主として下降局面に機能します。

・異なる局面を補完するのでパフォーマンスが安定します。

・シグナルの空白を埋めるので、パフォーマンスが向上します。

 

マルチストラテジーの仕組み

「システムトレードの達人」の「マルチストラテジー」の検証のプロセスは、それぞれのストラテジーが独立型で、

①まず優先上位の「ストラテジー」がシグナル発生をスクリーニングし
②そこでシグナルが発生なしか、資産の一部しか使わず運用資産に余裕・残があれば
③次のストラテジーでスクリーニングをし、
④また残があれば、また次のストラテジーで・・という仕組みになっており、
⑤この仕組みで、シグナルの空白を埋めていくという構造になっています。

「シグナルの空白を埋めていくという構造」は、
決められた初期資産の枠内で、損益額を積み上げる構造に繋がります。

 

マルチストラテジーとは

「ストラテジー」とは戦略です。

「マルチストラテジー」はそんなストラテジーの複数運用を言います。

異なる局面で機能する複数のストラテジーにより、
下降でも上昇でも損益を積み上げます。

複数のストラテジーが、シグナルの空白を埋めるのでパフォーマンスを上げることができます。

 

1銘柄あたりの投資額

サマリーは、初期資産は300万です。

資金配分は定率で5銘柄に分散・運用します。

1銘柄あたり、5000円から600000まで。

初期資産と資金配分は、ご自分の運用資金に合わせて設定してください。

 

マルチ:デュオⅢmode1

 

コメント

searchenvelopeheartstaruserclosesearch-plushomeclockupdateeditshare-squarechevron-leftchevron-rightleafexclamation-trianglecalendarcommentthumb-tacklinknaviconasideangle-double-upangle-double-downangle-upangle-downstar-halfstatusimagegallerymusicvideocategorytagchatquotegoogleplusfacebookinstagramtwitterrss